「フリーランスドクター」という働き方、メリットとデメリット

ドクターだって「フリーランス」の時代

最近のビジネスマンの働き方として「フリーランス」というものがあります。特定の組織に所属しないで自分のスキルを武器にして働くことは憧れの対象になっています。そしてフリーランスはドクターの世界でも見られるようになっています。ではフリーランスの医師として働くことはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリットは時間と時給

フリーランスドクターのメリットは何といっても時間の自由度が高くなることです。勤務医や開業医では決められた診療時間や当番をこなす必要があります。また医師会など業務外の付き合いや手伝いに煩わされることがなくなります。また、医師の確保は医療機関では必須の課題です。その一方で医師免許を持つ人は限られています。したがって比較的高い時給を提示される可能性が高いのです。

デメリットは雇用の不安定と自己管理

もちろんフリーランスはメリットばかりではありません。まず非常勤勤務なので雇用先の状況によって解雇される可能性が高いことです。医師としての業績だけでなく、組織全体の事情によって解雇されることもあります。次にあるのが管理的業務が増えることです。確定申告が必要になるので収支の管理が必要になります。年金や各種保険の加入も自身で管理しなければなりません。他にも学会やスキルアップの学習も自己管理が求められます。

十分な準備をすればフリーになれる!

このようにドクターであってもフリーランスの良し悪しがあります。けれどもフリーにならないとできない体験、ありえない出会いもたくさんあります。もし医師としての技量と知識があって、資金的な準備があれば「フリーランスドクター」と言う生き方を楽しまれてはいかがでしょうか。

病院で特定の日だけ担当しているような非常勤医は、医師のバイトと考えると分かりやすいです。その病院の苦手な分野を強化したり、人手の足りない時間帯を補ったりすることが主な目的になります。