薬剤師の仕事は楽!?薬剤師のお仕事とは!

薬剤師の資格は一生モノ!

薬剤師は国家試験を受け、合格し、免許を取ることができればなることができます。
医療系の国家資格ということもあり、免許を取得すれば一生働くことのできる安泰な職業と言われています。

薬剤師はどんなところで働いているの?仕事内容は?

薬剤師の国家試験に合格し薬剤師となった多くの人は、調剤薬局や病院などに勤務しているようです。
そうした場所に勤務した薬剤師は、医師が診察し、発行した処方箋をもとに薬を調剤する「調剤業務」に従事します。
また調剤した薬の服用の仕方や、副作用などについて説明する「服役指導」も薬剤師の仕事の一つです。
加えて「薬歴管理」といって、訪れた患者が過去にどんな薬を服用していたか。アレルギーなどを持っていないかなどの履歴を記した記録を管理することも薬剤師の仕事です。

薬剤師の仕事は楽なの?給料はどれくらい?

調剤薬局に勤務する薬剤師は、一般的な企業のような売上ノルマなどはありません。
精神的に追い詰められることが少なく、そういった面では楽に感じる人もいるでしょう。
給料については、ここ数年での平均給与は550~580万円ほどであるようです。
初任給で400万円以上もらえることも多く、その後は管理薬剤師になるなど出世の仕方によっても変わってくるようです。

なるまでは大変な薬剤師

薬剤師になるためには薬科大学などに入学し、六年間勉強しなければなりません。
留年も珍しくなく、勉強に身を入れた時間を過ごすことになるでしょう。
ですが、無事卒業し国家試験に合格すれば、一生薬剤師として働いていくことができます。
国家資格は長い人生を生きていく上で、強力な味方になってくれるでしょう。
いかがでしたか?手に職をつけて安泰な人生を送りたいと考えているなら、薬剤師はとても魅力的な選択肢かもしれませんよ。

薬剤師 シニア 求人なら、医療に貢献したいと考えている方が、定年後に一生医療に携わって仕事をし続けたいという熱意を持って臨むべきです。