こんなこともできるんだ!歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事について

歯科衛生士とは、虫歯をはじめとする歯科疾患の予防や歯科衛生士法上に定められている口腔衛生の向上を図ることを目的に、歯や口腔の健康づくりをサポートする国家資格が必要な専門職です。仕事の内容は、歯科予防処置と歯科診療の補助、歯科保健指導の3つの業務が法律によって定められていて、それぞれに高い知識と技術を要します。歯科予防処置は、歯垢や歯石などの口腔内の汚れを除去して虫歯や歯周病を予防する処置を行ない、歯科診療の補助は歯科医師の診療の補助はもちろん、医師の指示のもと治療の一部を行なうなど歯科診療をスムーズに進められるようサポートします。歯科保健指導については、歯磨きを中心とした歯口清掃法の指導などを行ない、セルフケアの支援をすることです。

求人サイトを利用した職場探しが一般的

歯科衛生士は、国家資格を必要とする専門職なため、資格を取得すれば生涯仕事を続けられるのが最大のメリットです。歯科衛生士の活躍の場は、歯科診療所や病院がほとんどですが、保育所や小学校などの学校施設や地域の保健センターに加え、介護施設や企業などさまざまなところで必要とされています。職場を探すには、ハローワークや医療系などの求人サイトを利用することが一般的です。求人サイトの中でも、専門性の高い求人サイトであればより優良な非公開の求人を見つけることができ、医療系の人材派遣会社や人材紹介会社を利用して見つけることも可能です。この場合には、歯科衛生士の内情や職場環境に精通しているアドバイザーやコンサルタントに相談できるというメリットがあります。

歯科衛生士の求人パッケージプランは、歯科衛生士求人プラントが、採用を求める歯科医院に対して、採用戦略をパッケージ化したものです