秘書の仕事に必要な資格とは?派遣で働くことはできる!?

秘書の仕事ってどんな仕事?

秘書の仕事とは、上司のスケジュール管理をはじめとしてあらゆる業務のサポートを行い、陰で支えていく仕事です。基本となるスケジュール管理では、どのようなスケジュールを組めば上司が効率よく仕事をすることができるかを、常に考えていなくてはいけません。その他の具体的な仕事内容としては、来客時のお茶出しや、出張などの手配、必要書類の作成などです。メールや電話での基本的な対応はもちろんのこと、上司がスムーズに仕事をすることができるように、常に先回りをして環境を整えていくことが求められます。秘書の仕事をする上で役に立つ資格として、秘書技能検定(1級~3級)やビジネス実務マナー検定(1級~3級)、実用マナー検定(1級~準3級)があります。また、英語能力を求められることも多いようです。

秘書の仕事は派遣でも可能?

秘書の仕事は、派遣でも可能です。秘書の派遣に強い派遣会社もあります。派遣であっても正社員であっても、秘書としての仕事内容は、上司を陰で支える仕事という点で違いはありません。派遣秘書の給料は、業界などにより異なります。また、都市部か地方かによっても相場は異なりますが、経験年数によっても差が出るようです。一般的に秘書という仕事は、経験を重ねるごとにスキルや知識が増えていくため、経験年数が多い方が優遇される傾向にありますが、派遣秘書の場合、未経験からでもチャレンジできる企業も多々あります。派遣会社によっては、研修制度が充実している会社もあるため、勉強して資格を取得してからチャレンジすることも可能です。

秘書の派遣」とは、派遣先企業の秘書として勤務することです。スケジュール管理が主ですが、それだけでなく事務処理能力、ビジネスマナー、臨機応変な対応力など高いスキルが求められます。