必要なのは運転免許だけじゃない!?いろいろなトラックドライバーの仕事

トラックドライバーの仕事とは何か

トラックドライバーというのは文字通りトラックの運転に従事する仕事を指します。多くの場合運送会社などに属し荷主に依頼された荷物を指定された拠点まで運ぶのが仕事となります。

働くのに必要な資格とは

トラックドライバーで働くためにはまず普通自動車免許が必要です。そこから中型免許や大型免許を取得して運転することになりますが、特殊なものを運ぶ場合にはその他にも資格が必要な場合があります。まず重量物を牽引する場合にはけん引免許が必要になりますし、危険物や毒劇物を運ぶ場合には危険物取扱者免状や毒劇物取扱責任者の免許などが必要な例もあります。しかしながら通常の貨物を運ぶトラック運転手の場合には中型あるいは大型免許のみで良い場合がほとんどであり、必要な免許はどのような荷物を運搬する会社で働くのかによって変わってきます。

トラックの種類について

トラックの種類にはさまざまなものがあります。まず一般的によく見かけるアルミボディ車や平型トラックなどが有りますが、これ以外にもクレーン付きのトラックや、トレーラーにダンプカーなどの非常に多くの車種が存在します。どの車を運転するのかは何をメインに運んでいる会社なのかによって大きく左右されます。

求人を選ぶためのコツとは

トラックドライバーの求人を探す時には、未経験者の場合には予め中型免許を取得しておき、大型免許の取得費用を出してくれる会社かどうかを確認するようにしましょう。経験者で転職先を探す際には、これまでの経験を活かせる会社を探すことが大切になってきます。

トラックドライバーの求人は、賃金がよく需要も拡大中です。中型や大型免許なども取得可能で、一生モノの運転スキルも身につきますよ。